KEN thinks little of ....



不謹慎の意味を考えた。

震災からもう一週間が過ぎました。

直接的な被害が少なかった
ここ東京でも計画停電やら原発やら東海地震やら買い占めやらまだまだ不安要素が浮上してきております。

今までどれだけ奇跡的バランスで生活してこれていたのかと…。

そして、
どれだけ裕福な環境であったことか。


無くなって初めて気付くのはどんなことも一緒なんですね。

当たり前って実はすげぇな。



さて、
そんな中

やはり『不謹慎』といった単語をよく聞きますが
実際どういう意味かと疑問に思ったので
原点に返り辞書を引いてみました。

ある書では

※心の抑えがきかず、衝動に任せて行動する様子。

またある書では

※つつしみがないこと。ふまじめなこと。


んー。
なんかニュアンスが若干違うなぁ。
辞書ってこんなもんか?


では『つつしみ』とは?

※慎むこと。物忌み。

またある書では

※慎むこと。度を越さないように控えめに振る舞うこと。

おいおい。
『慎む』で再検索。

※調子に乗ってあやまちを犯すことのないように気をつける。度をわきまえて、控えめにする。深く敬意を表わす。

またある書では

※【慎】慎重に振る舞って、軽はずみなことはしない。自粛する。控える。節制する。【謹】うやうやしくかしこまる意を表す。


なるほど。
日本語って難しいですね。
一つの単語でも様々な表情をお持ちで。

それを解説した辞書も表現が様々。

で更に『謹慎』でも調べる。


※自分の犯した悪事・失敗を反省して、言動を控えること。
また、そのために、外出をとどめ外部との接触を避けること。
[江戸時代では、士分以上に課せられた処分であった]


またもう一方では

※反省して、言動をつつしむこと。
一定の期間、登校や出勤を禁じて反省をうながす
処罰。



とのことでした。


これらを踏まえて『不謹慎』が飛び交う今、
度を越さずに控えろ!

ってことが求められているということですね。



『不謹慎』で単語の方が度を越えないように気をつけた方がよいね。



あと思うのが、
控えるのも大事なことですが
今回の震災が数値上で世界4番目だと言われてるようですが
更に上の三件は存じ上げませんが、
ニュージーランド、チリ、ハイチ、等の時

どう思っていたのか?

普通に生活していた方は大勢いると思います。


自分もそうでした。




人として生きるって難しいですね。
[PR]
# by darihi-no-kenji | 2011-03-19 07:44

自己分析に於けるKENフレーズ(2)

こんばんは、KEN thinksです。


リアルではなかなか「こんばんは」とはいう場面がなくなったようですので、
無駄に使ってみました。




さて、

着地点をうまく設定出来るかがキーポイントではないか?
という勢いで不定期連載していこうと思っておりますこのコーナー

通称、ケンフレ。


今後どうなることやら…。





と本題に入りますと、


やはりKENフレーズというものは特異なのか何なのか
ミュージシャンであろうとそうで無かろう分かるらしいのです。


その精度と信憑性はさておき、
そう指摘して頂くことは
実に嬉しく素晴らしいことだと捉えます。

やっぱり
どうせやるなら
個性的でありたいと願うのは私の心情であります。


多少(?)はぐれようが唯一無二のミュージシャンでいる。
といった生き方とは実にかっこよいと思いませんか?

私は思います。


ので更に個性を磨いてまいります。



では現段階でのKENらしいフレーズ、

略してケンフレは
一体どういったものなのか?




申し訳ありませんが

わかりかねます 笑





しかしですよ!


割りとよく出てくるフレーズを見つけました。




コードに対して

ルート、5度、9th,

という流れです。



確かによく使う気がします。

BENの曲の『Give Me Your Love』にいたってはメインリフレになってます。


このメカニカルな完全5度の繰り返しが何とも絶妙な美しさを放っているように感じます。

使いやすくもあるんです。

ルート、5度、9thといった音使いの為
メジャーコードにも
マイナーコードにも
メジャー系ドミナントにもハメやすいのです。

もちろん9thが強調されるため注意が必要ですが
テンションを含むため洗礼されたっぽく響くのが美味しいですね。


これを発展させて
同じインターバルで全音、半音、上がったり下がったりしてアンサンブルを盛り上げることも出来ますが、
それはまたの機会に。





にしても、
雪すごいですね。


滑る滑る 笑笑
[PR]
# by darihi-no-kenji | 2011-02-15 00:17

ほんの戯れ事ですが。

もう今年も2月中旬に差し掛かりますよ。

時が経つのは早いものです。



人間、毎年一年が早く感じるものらしいのですが、

これを理論的に解釈した説明をみなさんは聞いたことありますか?


人生の中で一年の長さは毎年変わる。


それはいままで生きてきた長さを一とすると、

一年の長さは1/年齢で表すことが出来る。


的な。



一見、
なるほど。

と思えますが


ホントにそれでよいのか?



この理論が確かなら日々、刻一刻とBPMの体感が変わってはいないか?

という疑問が生まれてきた訳です。



もっと実質的なところでいうと


一分間の長さはどれくらいの長さかと思って
時計の秒針を見ながら体内時計に記憶されるとします。


次にストップウォッチでこれが一分!というところで止めたとしましょう。


ピタリ賞が出たとしてもそれは正確なあなたが感じた一分ではないということになりませんか?



それではたとえピッタリ一分だったとしてもまぐれではありませんか!?




もっと言えば

10秒数えている中でする

2の時の一秒と
7の時の一秒とでは微妙にズレていませんか?



あぁ何ということだ。



世の中

矛盾だらけだ。





と戯れ事を考えながら一日を終える。
[PR]
# by darihi-no-kenji | 2011-02-12 00:05

自己分析に於けるKENフレーズ。

前回は曲を題材にと書いた気がしますが

その前に自分なりにオレ的ベースラインを考えてみることにします。



と今までのBENの音源を聴きあさった結果

とにかく音数が多い 笑


今よりも、
心身共に若かりし頃のプレイ。


実に歯痒いばかりであります 泣



それはさておき、


ベースを始めた頃から抱いていたことがあります。

それは、

ベースラインとは地味でよく聴かなければ存在感の薄いという印象を持っていた若かりし私は

“単体で聴いても飽きない、歌うベースラインがいい。”


ということです。



もっと言えば、
全てのパートがそれぞれに歌い

且つ
重なったときにも全体で歌になる。

のが理想的であると当時から考えていたわけです。




その考えのもとで

様々な解釈で

時には実験的に

時には計算的に


そして、挑発的に。



自分のイメージしたラインを表現してきました。


もちろん、今でも技術的に表現しきれていない部分は見られますが

とにかく
歌うベースラインを意識して演奏してきたのであります。



とは言え

ある時期には、

ハーモニーの理論上、可能であろうと思われる音を詰め込んで
単音でもコード感を表現しようとした結果


・メロディーやウワモノとぶつかる。

・一曲を通しての抑揚がつけにくい。

・どの曲でも似たようなラインになる。

・スケールライクで歌えていない。


などに陥ったことも…。




いやぁ、

実に奥が深く日々悩まされる。



ん?

なんか脱線してなくもない気がしてきたので

次回こそは実際のアプローチを分析だー!!
[PR]
# by darihi-no-kenji | 2011-02-10 22:38 | コラム

私のベースは個性の塊のようです笑

なんでかよくわかりませんが
今回の大阪のバンドでも、
BENまわりでも散々言われてきましたが、

どうやら
KENthinkさんのベースは個性的なようなのです。



良い悪いではなく変わっていると。


そう聞くと

複雑な思いが込み上げて参りますが

2011年の私は

唯一無二の存在感へのステップと捉えます。



しかし、
ご指摘して頂いた部分を上手く理解していない現状のままでは
充分にその個性とやらを活かせるには至らない。

ということで

今後BEN thinksの曲を題材に

KENthinkのベースライン研究なるものをやっていこうと思います。

さて、どうなる!

公言したからには

形にしなければね★



この計画が上手くいけば

お弟子さんが出来たり

教則本を執筆したり


といった夢も膨らみます。

さて、


捕らぬタヌキのなんとやら、
なんでしっかりと練っていきますので


乞う!ご期待!!
[PR]
# by darihi-no-kenji | 2011-02-09 20:57 | コラム


BEN thinksのベーシストのブログ★
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お品書き
岡本”ルチアーノ”健志

岡山より生まれし
4/15付けの
牡羊座のA型。
現在、東京は練馬で生息を確認。
動物占いではコワラのようです。
がよく犬っぽいと言われます。
小型の柴犬がドンピシャらしいです。
でも猫さんのほうがもっと好きです。
低音奏者です。





◎BEN thinks little of snaekers
Web Site
My Space
Gt.東”ペロ”陽平blog
Sunny 'n' Peaceful JAM
Vo.入江”マルコ”大輔blog
ななめハンチング17゜







最新の記事
ライフログ
カテゴリ
最新のトラックバック
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧